気密測定を行いました☆(堺市南区高尾 S様邸)

住まいには見えないすき間がさまざまな箇所に存在しています。すき間が多いと、いくら暖房や冷房をしてもすき間から漏れ、快適な室内環境を保つことができません。

気密性能が高い住宅だと、室内環境を守り、光熱費も抑えることができます。SW(スーパーウォール)工法のお家では、一邸一邸気密測定を行ったうえで性能報告書を発行し、お施主様にご確認いただいています。

今回の気密測定のC値は0.48㎠/㎡でした。 → C値とは??

優建-UKEN-は今後もC値=0.5以下を目指して邁進致します!