優建-UKEN-のSDGsへの取組み

SDGsとは、2030年までに地球規模の課題を解決するべく、17のグローバル目標と169のターゲットから成る国連の「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月に「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求すること」を掲げて国連総会で採択された世界共通の目標です。

優建-UKEN-は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」を達成するために工務店としてできることを考え、積極的に進めていきたいと考えています。

優建-UKEN-の取組み

 

すべての人に健康と福祉を

高気密・高断熱の高性能住宅で、夏は涼しく冬は暖かい快適な住宅を提供します。

家全体の温度差が少ないことによるヒートショックの予防や、きれいな空気を作る換気システムによるアレルギー症状の減少も期待でき、住んでいる人の健康を守ります。

 
ジェンダー平等を実現しよう
優建-UKEN-では、男女関係なく日々意見を出し合っています。
また、子育ての面などで困った時にはお互い助け合い、活動しています。
  
エネルギーをみんなにそしてクリーンに

住宅のリノベーションを行い、住宅の長寿化による資源の浪費抑制や、産業廃棄物の発生を防止します。

ZEH(ゼロエネルギー)住宅の普及活動・建設により、エネルギー自給率を上げ、消費エネルギーを減らします。

 

働きがいも経済成長も

優建-UKEN-では、スタッフも職人さんも働きやすいように職場環境を整えています。

みんなが気持ちよく働けることで、働きがいの向上さらには経済成長にもつながると考えています。

 
住み続けられるまちづくりを

大阪府の泉北ニュータウンに位置する当社では、地域密着をモットーとしており、泉北ニュータウン及び周辺の住宅を新築・リノベーションすることで、街の活性化・人口減少の防止を目指します。

また、災害にも強い高性能住宅の新築・リノベーションによる住宅の長寿化により、長く快適に住み続けられる環境を作ります。

 

つくる責任つかう責任

気候変動に具体的な対策を

ZEH住宅を建設することによって、エネルギー自給率を上げ、地球温暖化を進めるといわれている温室効果ガスの排出を減らすことができます。

また、個人の日々の取組みによっても環境に負荷をかけない暮らしを提案していきます。